So-net無料ブログ作成

ターゲット [クリエイティブ]

gold_inv.jpg

広告やPRの仕事は、必ずオリエンに「ターゲットは・・・」と入ってくると思います。ぼんやりとしたターゲットの時もあるし、スゴく狭い時もあります。
それは年齢、性別だけではなく、たとえば「ゲーム好き」と言ったような場合もありますよね。趣味、生活動向、年収、住所など。

「広く多くの人に」といった場合には、クリエイティブは非常に最大公約数的になります。それでも良いクリエイティブが出来ない訳ではありません。例えばソフトバンクのお父さん犬のシリーズのように、「動物」というみんなが好きな代表アイテムを使い、いろいろな年齢層を家族という設定で使いながら、物語で多くの人の「良いね」を引き出しています。
ターゲットが狭い場合には、きちんとターゲットのことをつかめば非常に尖ったぐさりと突き刺さるような戦略が取れます。クリエイティブ的には面白いです。でもいかんせん的が小さいので、投下時期、媒体選びなどきちんと狙いを定めないと効果が微妙にずれちゃったりします。

最近のデパート系のカード会社の仕事では、クライアントは特典の多い魅力的なゴールドカードへの切替、加入の促進のために今までのターゲットと共に、新規のターゲットの掘り起こしを狙って若年層に向けても発信をしました。ゴールドというのはある程度収入に制限があり年会費もありますから、これはある種トライです。

私には大変具体的なターゲット像が示され、そのため非常にスムーズにクリエイティブできましたが、私の方からの紙質や、大胆な色の提案なども含め、思い切って受け入れてもらいました。(画像)
結局これは大成功をおさめたようで、こちらもうれしいですが、クライアントの企画力と先見性、またクリエイティブに対する見識に脱帽です。

若いうちに、年寄り向けの仕事を頼まれてもピント来ないと思います。ターゲット設定と戦略はマーケッターだったり、企業の企画担当だったりするのですが、それを具体的に制作物に定着するのは我々の仕事です。
クリエイティブはある種感覚的な部分が大きいので、普段から色々な物、人、流行、人が興味を持つ物などに、好奇心を持って接していることが非常に強みになります。

「生きてるだけで丸儲け」は、某お笑いの大御所の言葉ですが、「人生全部がクリエイティブの素」が私たちクリエーターのやっててよかった的な側面ですね。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。