So-net無料ブログ作成

紙のこと2 [紙]

gojo.jpg

今進行中の仕事で、久しぶりに「ハイマッキンレー」という紙を使用したので、その紙を出している五條製紙という会社を紹介します。

ハイマッキンレーはコート紙の中ではかなり上質に属する紙で、目が詰まっていてまあ豆腐でいうと絹ごしチックな、パルプではなく樹脂を使った有名な「ユポ」にも近い、そんな感じの紙です。白色度も高く値段も高い。使用にゴーを出したクライアントも相当意識が高いです。通常のコートと、ダル系(セミマット)があります。

昔、アメリカの企業を担当したとき、アメリカで作った高級ブローシャ(パンフレット)を、和訳して、かなり近いものを作って欲しいと言われ、紙もかなり近いものを使用したいと探した末に行き着いた紙が、この「ハイマッキンレー」です。アメリカ人も高級に感じる紙ってとこですかね。

さて、その紙を配給してる会社が五條製紙です。王子や日本製紙のような大御所ではない中堅ですが、非常に特徴のある紙を作っています。
多分光り物の厚物系ではここの右に出るところは無いんじゃないでしょうか。いわゆる高級パッケージ用紙です。一見金属のような色とテクスチャー、またクルマの特殊塗装のような雰囲気を持つ紙、ホログラフィーと呼ばれる虹のような反射を持つ紙など非常に種類があります。
一番の欠点は高いことですが、ある意味高い商品にのみ使用できる価格というのは意味のあることかもしれません。

紙の見本をホームページより請求してみてください。見てるだけで結構楽しいですよ。高級な気分になります。
メールマガジンもやってますので、紙の知識などえられると思います。
http://www.gojo.co.jp/

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 4

shio

こんばんは^^
お久しぶりです!今年もよろしくお願いします^^
さっそく興味深々な記事ありがとうございます^^
このブログ記事は殆どプリントアウトをして持っています!
すみません^^;私の虎の巻みたいなものです(笑^^
実は紙のことは去年の暮れに結構興味がわきまして^^;
ちゃんと調べてみようと思っていた所なんです^^;
相変わらずベクトルが♪嬉しいわ~♪
by shio (2011-01-06 20:43) 

thablue

紙のことは全然分かりません・・・
ご紹介頂いた五條製紙さんのHPで勉強してみようと思います!
紙って見た目も大事ですが肌触りも大事だと思います。
触って心地よい紙は手に取るだけで幸せな気分にさせてくれます!
by thablue (2011-01-06 22:55) 

birdland

shioさんこちらこそよろしくお願いいたします。デザイナーには「いい紙に表現できる喜び」という幸せがありますよね。知ってて損のない、いや、知れば知るほど引き込まれます。

by birdland (2011-01-07 00:27) 

birdland

thablueさんコメントありがとうございます。写真をプリントするのも紙ですよね。昔はバラ板命みたいな時代もありました。紙の大きな要素に「肌触り」と、「再現性」がありますよね。どちらも大切な要素です。ヴァンヌーボのように両方兼ね備えたりすると人気の高い(でもお値段も高めの)紙になります。
by birdland (2011-01-07 00:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。