So-net無料ブログ作成

コミュニケーションエリート=TIME誌の広告 [クリエイティブ]

time.jpg

大好きな広告を紹介させてください。
長い間雑誌に展開していたTIME誌の広告です。
制作はアメリカはミネアポリスの広告代理店Fallon McElligott(AG.)。

「TIME誌は世界の様々な起こっている事柄の真相(話題性)にフォーカスする」を、まさに素晴らしい手法でビジュアルコミュニケートしています。
これができるのも、ずっと変わらず続けている表紙デザインと、世界で一番有名な雑誌のブランド力があるが故ではないでしょうか。
こんな広告ならスルーしないで、楽しんじゃいますよね。

さらに、コジャレたコピーがついています。
(英語力がそんなにある訳ではないので、訳は間違ってたら原文で理解してください。)

スペースシャトルが、
Was it show biz?  Was it science?  Yes.
(それってショービジネス? 科学? イエス。)

スゴい煙の火事っぽいヤツが
Is there’s a story in there? We’ll find it.
(その中に話題が? 見つけてきます)

多分オリンピックのが
Somehow, the most enduring memories of
The Game aren’t of bombs and smoking rubble.
(なぜかいちばん記憶に残るゲームって、爆弾や煙ったがれきのあれじゃない)

クリントン大統領は
The weight of the world. Measured on a weekly basis.
(世界の重さは週一回計られてます。(右肩にのしかかるって言いますよね))

最後の締めは共通で
The world’s most interesting magazine
(世界で一番面白い雑誌)

出典:Archive & Graphis Advertising

タグ:雑誌広告
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 2

shio

こんにちは&お疲れ様です^^
そうですよね^^
何か書いてあると必ず読んで写真とまた会わせて一度で二度美味しい♪更にまた次が見たくなるし^^
でも・・・コピーのセンスで台無しもありえますが^^;
表現は大きい方がいい♪なんかそんな感じがしました。
ん??話題がそれてる??
by shio (2010-12-09 17:35) 

birdland

shioさんコメントありがとうございます。いやいやそれてませんよ。マクロがあって、ミクロがある。これはそれをうまく利用してますよね。
広告の場合は、写真、デザイン、コピーが混ざりあってケミカルを起こして初めて成功です。ひとつだけ良くてもってとこが難しさだと思います。
by birdland (2010-12-10 17:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。