So-net無料ブログ作成

写真のディレクション [写真]

このブログは写真を撮られてる方に見ていただいてるようなので、今日は写真のディレクションについてです。
広告やパンフレットなどで使用する写真は,私たちが、「こういう画像が欲しい」というディレクションの元に撮影される写真で、多くの方がブログに載せられている、「目に留まった美しいシーンや自分が撮りたいモチーフを自分のスタイルで撮る」というのとは、まったくの別物です。

コミュニケーションに必要な画像を写真にすると決めたら、ラフスケッチを何案か描きます。最近ラフスケッチを描かない人が多いようですが、最終的な上がりをぶれないようにするためにも結構必要な作業だと思っています。
いくつかに絞って考察を重ね,提案。決定したらカメラマン、必要に応じてスタイリスト、ヘアメーク、モデルをキャスティングし、方法論や場所、ディテールなどについて打ち合わせをします。だいたい1回では終わらず、準備過程において数回打ち合わせます。

実際の撮影ではディレクターは、ラフスケッチによって自分の頭の中に出来上がった画像と、実際にテスト撮影したものの差を見ながら調整します。もちろん、自分の予想より偶然やスタッフの才能により、よりいいものが上がる予感も出てくる場合があります。いわば実際の撮影現場は、自分のイメージの「定着作業」と言えるでしょう。

もちろん、最近はコンピューターによる合成技術のおかげで、撮影現場では合成するパーツを撮っていき、最終的にはパソコン上で定着することも多く見られます。その場合は、さらに自分のイメージをきちんと持ち、必要なパーツを頭の中で組み上げる作業が必要になってきますね。

アートディレクターの中にもいろいろいらっしゃって、わりと大まかなイメージのみで撮影に臨み、但し1を聞いて3にも4にも出来る非常に優秀なスタッフを使うことで、良いビジュアルを生み出す人もいますし、自分のイメージを究極まで頭の中で固定化しきっちりと実際に再現することを求める人もいます。
一見前者はかっこうよく見えますが、もちろんリスクは後者より大きいです。後者の場合いいものを作るためには、経験値や自分の才能を信じる能力が必要になってきます。

azalea_aki.jpg

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 4

コメント 4

うたいびと

こんばんは~☆
そうですよね。ブログでは自分の好きな写真を載せればいいけれど、仕事だと、会社側の求めている物を、できるだけ100%の要望で、答えなきゃいけないし、すごくイメージをひとつのものにするって、自分の思っている以上に、大変なことですね。なるほど。ラフ画をしっかりか…
…ラフ画、かけないんですm(__)m
by うたいびと (2010-08-20 20:51) 

birdland

うたいびとさん、こんにちわ。コメント感謝です。ラフ描けない(描かない)人多いですよー。下手で全然オッケイ。わかればいいんです。でも数描いてるとなんだかそれなりに味が出て見れるようになります。
by birdland (2010-08-21 12:29) 

文音

主観と客観のバランスって大切ですね。
お仕事になると、やはり客観の方の割合が大きくなるんでしょうか?
でも、趣味で作る物にも客観性を忘れないように……しているつもりではいます。
by 文音 (2010-08-22 10:31) 

birdland

文音さん、コメントありがとうございます。そうですね。客観性は正しい方向へ導く舵。主観性は強力なエンジンです。客観性が主観性を殺さないように注意しています。
by birdland (2010-08-23 11:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。