So-net無料ブログ作成

モノクロ写真の印刷方法 [印刷方法]

写真集.jpg

前回モノクロ写真に触れたので、今日はモノクロ写真の印刷方法です。
大きく分けて3つあります。
ひとつはスミ1色(もしくは、その他の特色で)印刷する方法、1色刷り、基本です。
もうひとつはプロセス4色(CMYK)で分解し、印刷する方法。
昔はとても珍しかったのですが、今はほとんどこのパターンではないでしょうか?コンピュータ上の例えばフォトショップなどで、全体に色をある方向に寄せたり、後から彩色するとか、いろいろ加工が可能ですね。

3番目ははスミとグレーの濃淡の特色で2色〜3色(またはそれ以上)で印刷する方法です。この方法は、本来小さい網点(と余白)で再現しなくてはいけないところを薄いグレーの大きな網点で再現できるため網点感のない、非常にスムーズで緻密なフィニッシュを期待できます。また、特色のグレーを少し色の入ったものにすることで、モノクロの本来に雰囲気を崩さずに全体の色調をコントロールできます。このパターンがうまく行けば、多分一番モノクロ写真プリントに近い雰囲気で仕上がるはずです。これは、どこでも簡単にとはいきませんので、上手にできる印刷屋さんを探してトライしてください。

マット感のある紙に(できれば)3番目の方法で印刷し、最後にメディウム、またはグロスニスを写真部分全体に敷けば、モノクロプリントの雰囲気をよく再現した写真集的表現が可能です。

写真はアービングペン(奥)とアルバート・ワトソンの写真集です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。