So-net無料ブログ作成

料理写真 [写真]

プロのカメラマンで、広告などの仕事をしている人たちは大きく分けて、人物をメインに撮影する人、ものを撮るのを中心としている人に分かれます。(もちろん両方撮る方もたくさんいらっしゃいます)でも「食」に関しては、それだけを中心として撮っている方々がいます。まあそれだけ専門的な知識や経験が必要な分野ですし、「食」の撮影というのは日々いろいろなところで、たくさん行われているんでしょう。

wa.jpg

以前は、それこそ撮影用の料理を作っていました。たとえば全然火が入ってない美しいカットのジャガイモや人参たち。1本1本先の細い箸できれいに並べられたそうめん、テカリを出すために油をこってり表面に塗られた食材など。湯気を出すために冷蔵庫のような極寒のスタジオで鍋物なんかを撮ったりもしていました。コンピューター合成などない時代の料理写真は、さながら美しいひとつの作品としての緊張感にあふれていました。

IMGP1890.JPG

しかし、海外の食やライフスタイルを扱う雑誌などで、もっとカジュアルな明るい、ピントの浅い(ピントが狭い場所に合っていて、前後がぼけている)写真が出始めて、日本でも多くの料理写真がそのようなテイストになっていきました。料理もプラモデルのような作られたものではなく、もっと自然な姿で、もちろんそのまま食べられるものを、なるべく作り立てのおいしそうな瞬間にさっと撮っています。これはこれで、非常に見る人の感覚に近く、また浅いピントによる空気感もあって別の意味でシズルがあります。

rootsofchicago1.jpg

私がよく撮影をお願いしている料理カメラマンがブログをやっています。
http://fotorecipe.exblog.jp/

彼に、「なんで料理のカメラマンになったの?」と聞いたら「料理や食べる事が好きだから」う〜ん簡単明瞭、納得の答えです。「だって女性を撮る人は女性が好きだからでしょ?」たしかに。

タグ:料理写真
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。