So-net無料ブログ作成
検索選択
ムーブメント ブログトップ

中国のデザイン事情 [ムーブメント]

先週末に久しぶりに開催されたSTRAMDの講座で、昨年のお話を聞いて以来、
http://birdland-ad.blog.so-net.ne.jp/2010-11-08
その人物、お仕事、また伝統工芸への造旨の深さからすっかりファンになりましたPAOS上海の王超鷹(Wang Chaoying)さんが。今回は前回の内容も含め、現在中国の一人っ子政策とデザインの現状についてお話をされました。これはレポートではなく、私のフィルターを通しての感想ですので、ご了承ください。

まずは前回もお話しされた、フランスの高級ブランデーメーカーの話です。バー・アルマニャックという超高級ブランデーを中国で売ろうとしたが中々うまく行かず、メーカーは王さんに、本来AOCのラベルを変更してはいけないところをデザインを変えてもいいという妥協案まで持ち出して、なんとかして欲しいという依頼をされた話です。
王さんたちは高いお酒を買う中国人のターゲットを徹底的にリサーチされ、欧米ではシンプルでありながら質の良さが伝わるデザインも、中国では理解されないことに注目。ここには高い酒は人に贈ると言う中国人の習慣要素が強いこともあるようです。

そこで王さんたちはラベルデザインをまったく変えることなく、中国のターゲットに刺さるデザインを思いつきました。それが下記の写真です。ボトルにぴったりはまる24金の非常に繊細な透かし彫りのケースを作り、見た目を「中国人にわかりやすい高級感」で飾りました。
また、高級なもの、売れるものは模倣をされるという中国の現状を鑑みて、トレーサビリティー可能なデータチップをこのケースの底面に埋め込み、一度開封するとデータが消滅するようにしました。

joy.jpg


これは非常に成功されたようで、非常に評価も高く、その後たくさんのオファーが来たようです。ここでやはり素晴らしいと思ったのは、オリジナルのラベルを変えること無く最大の効果を発揮させる方法論をとられたことです。簡単なようで中々出来ることではありませんよね。さらに言えばデザインだけでなく、ブランド力を環境に合わせてさらに高めた技術をも付加した点です。

一人っ子政策のことに関しては、とても長くなるので割愛しますが、どこでも同じ一人っ子と言うのは非常にわがままに育ってしまうので、すぐに来る高齢化社会と同様、中国でも色々な弊害があるようです。王さんたちは、企画された「おもちゃランド」などを通してモノの大切さや環境問題などを教育していこうとされています。

kubeiland.jpg
http://www.kubeiland.com/


僕らグラフィックデザインをする人間にとって非常に興味深かったのは、中国のロゴマークには圧倒的に「赤」が多いと言うこと。彼らは「赤」が、とてもおめでたい色という意識があるようです。日本はすぐに共産主義に結びつけてしまいますが、以前聞いた話でロシア人もやはり赤が好きなんですが、その理由は「美しいから」なんだそうです。
陶宝.jpg
また、同じようにレインボーカラーも大変人気のあるカラーリングのようで、どうしてもターゲット戦略としては使用せざるおえない場合が多いようです。
武蔵美の大学院で学ばれ、ヨーロッパ各地で中国伝統工芸の個展もされている王さんとしては、やはりもっとデザイン的に優れている形や色も使いたいところ。そこは日々悩まれてるようですが、私たちの間でも良く言われる話、「デザインはアートではない」を念頭に、やはりプライオリティーを「企業の認知」や「売れる商品づくりのサポート」に置けば、現在の中国での効果を第1に考えざるおえないようです。
今後中国の人々の意識が変わってくれば、だんだん「クール」なデザインも認知されていくようになるでしょう。

最後に王さんは元々は中国伝統工芸である「切り絵」と「篆刻」の素晴らしいアーティストです。会場にはとてもはさみだけで作られたとは思えない素晴らしい切り絵も展示されました。
私は中国は、その政治的な問題などで日本人の感覚では相容れない部分がありますが、アートディレクターのアラン・チャンやこの王さんみたいに本当に素晴らしい才能を持った人たちがいることも間違い無い事実として認めて行かなくてはいけないなと思っています。

kirie.jpg



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

SNS [ムーブメント]

いま、ビジネスでネットの話になると必ず登場する「SNS」。

映画にもなったFACEBOOKで有名なソーシャル・ネットワーク・サービスです。先週行われたクリエーターズカフェ第2回でのテーマでした。
たぶん、ネットや広告などに関わってる方は色々なところで勉強会などがあるんじゃないでしょうか?
やはり我々の業界の興味としてはこのネットワークを企業がどう使ってメリットを作っていけるかということではないかと思います。またその話でいろいろ意見も出ました。

とりあえずホストの石橋 宗親氏が、皆さんも良くご存知のFACE BOOKやMIXI以外に今ある様々なSNSサービスを紹介してくれましたので、復習の意味でいくつかここでも皆さんに紹介できればと思います。簡単ですみませんが。SNSど真ん中の物から、広義のネットワークサービスという物まであります。

Google+
グーグルが始めたSNS。サークル、グループ内のみのコミュニケーションが可能です。 パソコン上のカメラでビデオ会議なども可能。

google+.jpg
http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/


strong>Linkedin
リクルートを中心とした仕事上のチャンスを作ったりするのに有効なSNS。現在は英語版のみ。

linkedin.jpg
http://www.linkedin.com/


foursquare
地理サービスを利用したSNS。自分の位置に対してのアドバイスコメントなどを他の人よりもらえる。今後レストランなどが利用しそう。

foursquare.jpg
https://ja.foursquare.com/


Instagram
I phoneで撮った写真を共有するSNSサービス。

instagram.jpg
http://instagr.am/


Slideshare
パワポを中心とした企画書などをシェアするSNS。この中のプレゼンシートなどを利用して自分の企画書を作成できる。

slideshare.jpg
http://www.slideshare.net/


Plancast
イベントや予定の共有。

plancast.jpg
http://plancast.com/home/all/100181


Hunch
ユーザーの投げかけに対して質問を返し、それによってユーザーの意思決定を助けていくサービス。

hunch.jpg
http://hunch.com/


Lang-8
他国語を勉強するにあたって、ネイティブが自分のコメントの間違いを直してくれるSNS(相互添削型=自分も他の国の人の日本語を直したりできる)。英語などの勉強に最適。

lang8.jpg
http://lang-8.com/


kickstarter
これは日本でやってたマネーの虎みたいな感じで、自分のプランに対して知らない世界の人から投資してもらうサイト。もちろん投資に対する見返り条件も出す。演劇などだったら公演した時点でのタダ券とか。

kick.jpg
http://www.kickstarter.com/


jamendo
音楽ソース(クリエイティブ・コモンズ承認著作)の共有。

jamendo.jpg
http://www.jamendo.com/en/


KHANACADEMY
色々なことが無料で学べる動画が揃っている。特に英語をやってる人はいいんじゃないでしょうか。すべてクリエイティブ・コモンズ承認(著作物の再利用がしやすい)。

khan.jpg
http://www.khanacademy.org/


結局のところ色々な人が、色々な場を作っています。どれがポピュラーになって、どれがなくなっちゃうのかはともかく、用途や個性に合わせて利用するということにつきるんじゃないかと思います。企業は新しい物に対していろいろやってみようとしてるはずですが、目に見える本当の効果が出るのは、もうチョイ先の話かと思います。

でも直接会って、目を見て話せという教育を受けてきた僕たち世代には、結構なじめない部分もありますね。でも時間を見ていくつかトライしてみます。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エコへの取り組み [ムーブメント]

nori.jpg

アイパッド、電子書籍など、紙への印刷自体を減らすことは、パルプになる木材の伐採を減らすことに役立っていますが、やはり紙へ印刷しなければ行けないアイテムもたくさんあって、それはそれで、少しずつエコ化に向かっているようです。
まず、私のクライアントのひとつは、ページ物の綴じに金具(ホッチキスのようなもの)を使わないようにしています。(写真上)ちょっと前までは、48ページくらいまでのページ物は中綴じと言って金具を2つ使って綴じるのが最もポピュラーな方法でした。綴じ部分の数ミリを使ってのりで綴じることによって、古紙リサイクルへと回ったときに金具を外す行程がなくなり、リサイクルしやすい。パンフレットなどはいい紙を使うことが多いので、非常に有用な方法です。

リサイクルと言えば、2〜3年前に起こった古紙混入紙の偽装があって、一時ほど声を大にして言われなくなりましたが、もちろん古紙混入や、木材を切らなくてすむ、サトウキビなどの農業で作る、木にならない植物の繊維を使ったりした紙を作っています。また産地を国内に限定し、きちんと木を切った後の植林をコントロールすることで、木を絶やさないシステムなどによる紙のエコも行われているようです。

soiink.jpg

ところで、リサイクルと言えばヨーロッパ、特にドイツなどではカタログにPPと言われる樹脂コーティング(日本では、表紙を保護する目的で非常によく使われます)をすることは、ダメなはずです。リサイクルのための分別に非常に厳しい国ならではですね。海外のパンフレットを請け負っている方はご存知と思います。保護が必要な時は代わりに従来よりしっかりしたニスなどを使ったりします。

さらに、これは10年以上前から印刷インク用油脂をを鉱物系から植物系に代替するようになっています。昔はエコを意識している企業ということで、古紙混入紙使用とともに大豆インク使用などとマークを入れてましたが、現在は印刷用インクではほとんどがこれなので、マークも見られなくなりました。

今年は特に暑いですねえ。いろいろな原因があるのでしょうが、間違いなく地球は温暖化が促進してるはずです。何か作るときには、何にも考えなくても製紙会社や印刷会社でやってくれてはいますが、自分でも意識して、あえて積極的に考え、取り入れるようにしたいものですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ムーブメント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。