So-net無料ブログ作成
検索選択

ラルフ・ローレンのイメージ [イメージ]

RL.jpg

ラルフ・ローレンのヴォーグに掲載した広告です。
完璧なる英国のアッパーを意識したビジュアルイメージです。アメリカ人が憧れる世界がここにあります。
そして使用するモデルのイメージも常に「完璧」です。色々な人種を使ってるとはいえ、メインはいつも金髪のストレートロングでとてもノーブルな美女です。
さらに最近はファッション的にトラディショナルがカムバックしているので、よけいに旬で魅力的に見えます。

しかしあまりに完璧な白人貴族趣味イメージを構築してるが故に、ふと「?」が湧きますよね。
そうなんです。ラルフは彼自身を見ると分りますが、もともとベラルーシ系ユダヤ人で、決してイギリス人またはイギリス系アメリカ人ではありません。(もちろんアメリカで生まれたアメリカ人ではあります)

人というのはオリジンに対して否定的な感覚があり、オリジン以外のものに憧れる場合には、オリジナルの人よりも完璧にトレースしようとし、さらに「形」から入ろうとします。ラルフ・ローレンの場合もその典型ですね。
例えばロンドンの最もロンドンらしいデパート“ハロッズ”は、あのダイアナ騒動で有名になったエジプト人のアルファイドさんがオーナーです。
彼の息子も自分では決して達成できないものをダイアナさんに託したのかもしれません。

さて、完璧主義のラルフ・ローレンはどうしてもモデルの体型に我慢できずに“やっちゃった”事件が耳に新しいですよね。ちょうど1年くらい前だと思います。
スェーデン貴族の血を引くフランス人モデル「フィリッパ・ハミルトン」さんの写真ウエストを、顔をよりも細くしちゃって、彼は日本のマーケットのせいにしたりしながら、結局謝罪をしました。

ralph_lauren_photoshop.jpg

業界でも女性の肌や体型の微妙な修正、クルマなら微妙な扁平をかけてかっこうよくしたりしますが、修正する側はある程度リミットを設けてるはずです。
ちなみにフィリッパさん、この後クビになったそうですが、他人には分らないラルフ・ローレンの女性に対する完璧主義のなせるワザ、いや罪でしょうか・・・。

フィリッパさんの実際が見れる動画です。いいモデルです。


http://boingboing.net/2009/10/06/the-criticism-that-r.html
記事を最初に掲載したサイト

フォトショップで痩せる


お知らせ:ごめんなさい。今週は、仕事が重なってしまいちょっとブログが書けそうにありません。今日も休日出勤です。来週あたりまた復活いたします。ご了承ください。


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 5

shio

こんにちは^^
お仕事頑張って下さい♪
また、楽しみに待ってま~す^^
って・・私も頭こんがらがってます(汗)
by shio (2010-11-24 15:17) 

thablue

休日出勤お疲れ様でした。
ラルフがユダヤ系アメリカ人なことを初めて知りました。
ラルフローレンは誰でも知っているブランドですが、背景を知ると全然印象が変わりますね。
恋愛にも通じるかもしれませんが、自分に無いもの(この表現が適切かわかりませんが)を求めようとするのが人間の性なんでしょうね。
by thablue (2010-11-24 21:41) 

birdland

shioさんありがとうございます。shioさんもがんばってください。なんか私で力になれそうなことがあれば質問くださいね。

by birdland (2010-11-24 22:29) 

birdland

thablueさん、まさにナイスなコメント感謝です。彼が青山にも店舗があるブルックブラザーズのニューヨーク店で修行したと聞いて、ブルックスの歴史にも驚きました。
自分に無いものを追いかける、自分の欠けを知って補完する。ひとつの大きなクリエイティブモチベーションなんでしょうね。
by birdland (2010-11-24 22:34) 

?

恋愛にも通じるかもしれませんが、自分に無いもの(この表現が適切かわかりませんが)を求めようとするのが人間の性なんでしょうね。



そうかな、、、知ってる範囲では似た者同士が多いです、美男美女カップルとか
by ? (2015-07-28 11:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。